中国・北京各駅点描

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/cnrbj11.htm

html/cnrbj12.htm

html/cnrbj13.htm

html/cnrbj14.htm

'00-9-30 北京東駅
東風(DF)10F型 0002号車

'00-7-29 北京南駅
北京(BJ)型 3227号車

'00-7-16 北京西駅
韶山(SS)8型 0069号車

'00-9-8 北京北駅
東風(DF)4型 0540号車


中国の首都北京は、玄関口である北京駅以外にも数々のターミナルや貨物駅を有している。
ここでは、東西南北の名を冠した北京市内の各駅を紹介する。

北京東駅は東北方面(沈陽、長春、ハルビン方面)へ向かう路線の一つ東側の駅であり、一日
に数本のみ停車するローカル駅である。午前中は旧満州からの長距離列車(電気式DLが荷物
車、寝台車、電源車等20両近く牽引する)が、次々に終着駅北京を目指し通過して行った。

北京南駅は南東(天津、上海方面)へ向かう京濾線の次駅である。北京駅発の快速や特直快
は駅の南側のバイパス線を通過し、この駅は各停の始発駅や、一部の北京市が終着で無い
特殊経路の列車の発着駅となっている。1時間に1〜2本の列車が発着する程度で、南側の草
が茂った留置線に一般客車と入替用DLが数両停まっている、都会の中のローカル駅だった。

北京西駅は、近年に新規開業した北京第2のターミナルで、主に京広線(北京〜広州)、京九
線(北京〜香港・九龍)等の南方面往きの列車が発着している。昼間は約10分間隔程度でEL
牽引の列車が出発しており、その合間に入出庫編成を牽引する入替用DLが行き来していた。

北京北駅は北京市の北西、地下鉄西直門駅の近くに位置し、北方方面のローカル線の始発駅
である。朝夕に1〜2本のローカル列車が発着している程度で、通勤時の列車が到着して大勢
の旅客が降りた後は誰もホームには居らず、北京南駅以上に淋しい駅であった。

  
(注:北京南駅は、'08年8月の北京〜天津間高速旅客専用線の開業に伴い、天津・青島・上海方面への200km/h電車や
      300km/h電車が発着する一大ターミナルに変貌しました。
      北京北駅も、'08年8月からの八達嶺行きディーゼル動車組の増発に伴い、北の玄関口として変身、整備中です。)