中国鉄道部・8K型電気機関車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/cnrel71.htm

html/cnrel72.htm

html/cnrel73.htm

html/cnrel74.htm

'01-5-24 北京鉄道科学研究院
054号機

'02-12-8 養三
035号機?

'02-12-8 養馬場
073号機

'06-6-21 石景山南
007号機

html/cnrel75.htm

html/cnrel76.htm

html/cnrel77.htm

html/cnrel78.htm

'05-7-8 豊台付近
 025号機

'06-5-17 豊台付近
062号機

'06-5-15 豊台付近
052号機

'07-6-30 豊台付近
039号機




'03-10-15 養三 058号機

(同じく輸入ELである6K型は下記アルバムをご覧下さい)
"中国鉄道部・6K型電気機関車"

 
 8K型電気機関車は、2車体連結で総出力6400kWの
 8軸貨物用大容量機で、サイリスタ連続位相制御方式
 を採用し回生ブレーキも備えていた。

 '87〜88年にかけてフランス・アルストーム社を代表とする
 欧州50Hzグル−プから輸入され、国産化と技術移転も
 契約内容に含まれ、最後の2両は株洲機関車工場にて
 国産化が図られた。
 採用された新技術は同一方式の類似機であった国産
 SS4型ELの改良・量産に大きく寄与すると共に、その後
 の国産機関車群の開発にも多大な影響を与えた。
 
 北京から北西方向へと向かう豊沙線に投入されており、
 この様な長大貨物列車が5分置き程度に行き交うので
 物凄い迫力であった。
 '10年以降には老朽化と部品不足のため、一部廃車も
 始まったと聞く。