インド国鉄・WAP-4型電気機関車(ニューデリー駅)

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/irel11.htm

html/irel12.htm

html/irel13.htm

html/irel14.htm

'11-2-23 ニューデリー駅
WAP-4 22816号機

'11-2-23 ニューデリー駅
WAP-4 22721号機

'11-2-23 ニューデリー駅
WAP-4 22721号機

'11-2-23 ニューデリー駅
WAP-4 22610号機

html/irel15.htm

html/irel16.htm

html/irel17.htm

html/irel18.htm

'12-4-26 ニューデリー駅
WAP-4 22315号機

'12-6-13 ニューデリー駅
WAP-4 22284号機

'12-4-26 ニューデリー駅
WAP-4 22659号機

'12-6-13 ニューデリー駅
WAP-4E 22334号機




'11-1-17 ニューデリー駅WAP-4 22554号機
その他 WAP-5、WAG-9型EL等

 
 WAP-4型ELは、インド国鉄を代表する旅客ELである。
 WAPとは、W=Wide(広軌)、A=AC架線、P=Passen
 gerの略称であり、旅客用ACELの4番目の型式となる。
 
 Co-Co 6軸タイプのシリコン整流器式直流モータ駆動
 方式であり、車重113tonで定格出力は3990kWである。
 '94年から600両以上製造されている国産車で、現在も
 各装置に改良を加えながら製造中であり、客車24〜26
 両を牽引して140km/hで走行出来る。 

 近年、ニューデリー駅で見かけた光景を紹介するが、
 旅客列車の殆ど全てがこのWAP-4型の牽引であった。
 45〜46℃はある猛烈な熱気と、構内に溢れんばかり
 の乗車待ちの人いきれと、おびただしいゴミや汚臭の
 ため、駅に長居するのもためらわれる状態であった。