香港・九廣鉄道・直通列車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kcrc11.htm

html/kcrc12.htm

html/kcrc13.htm

html/kcrc14.htm

'99-4-17 九龍塘
準高速 東風11型DL

'02-8-2 火炭
準高速 ”九廣通”

'02-3-10 九龍塘
新時速 ”X2000形”

'02-3-9 深セン
新時速 ”藍箭号”



 '02-3-9 広州東駅 直通用客車



 
 香港の九龍半島側中心部九龍駅と大陸側の広州
 方面とを結ぶ、最新の直通列車を紹介する。

 中国側からの準高速列車(在来線を改良して160
 km/hまで速度向上した列車を準高速と呼ぶ)は
 広州から1日3往復運行されており、東風(DF)11型
 DELが主に牽引している。遙々北京や上海から直
 通する列車もある。
 
 ”九廣通”(Ktt)は'97年より九龍廣東鉄道(KCRC)
 が1日2往復運行している準高速列車で、スイス製
 460型をベースとしたELを両端に配置して日本製
 二階建て客車12両を牽引している。

 ”新時速”は中国側の広深鉄路局が'98年より1編成
 リースして運行しているスウェーデン製振子車X2000
 形で、ELと中間客車5両を挟み反対側に制御客車を
 配したプッシュプル方式であり、中国側の区間では
 一部200km/h運転を誇り、1日2往復している。
 
 ”藍箭(blue arrow)号”はX2000系同様の車両構成
 で、中国製8編成程度が導入され、'01年より広州
 〜深セン間で頻繁に運行されており、現在の所は
 香港直通車には運用されていない。

 ←          '02-3-9 石龍駅
    広州〜深セン間の途中停車駅に在ったホームドア