韓国国鉄・セマウル号

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kknr21.htm

html/kknr22.htm

html/kknr23.htm

html/kknr24.htm

'01-7-24 龍山駅
111系 ディーゼル動車

'92-5-24 南営駅
111系(旧塗装)

'92-6-14 衿井駅
7000形DEL(旧塗装)

'01-3-25 清涼里駅
8000形EL




 '01-11-6 加里峰 111系ディーゼル動車


 セマウル号は韓国国鉄を代表する特急列車であり、
 京釜線(ソウル〜釜山)を中心に運行されている。
 ソウル駅の発車時間は毎時0分、30分に統一されて
 おり、僅かな追加料金で特室車が利用でき、ゆったり
 したリクライニングシートが心地良い。

 韓国の幹線は殆どが非電化路線があるので、車両
 の主体は111系液体式ディーゼル動車であり、両端に
 半室機関車を繋いだプッシュプル8両編成、または
 その重連で運用されている。
 以前には7000系DEL(電気式ディーゼル機関車)牽引
 の客車列車も運行されていたが、客車列車のセマウル
 号の運用も減り、塗色も国鉄標準色に塗り替えられ
 てしまった。

 ソウル市のもう一つの玄関口である清涼里駅では、
 中央線経由で東へ向かう8000系EL牽引の珍しい
 セマウル号が見られる。