韓国国鉄・ソウル近郊電車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kknr11.htm

html/kknr12.htm

html/kknr13.htm

html/kknr14.htm

'92-6-14 衿井駅
1000系 初期型(旧塗装)

'92-5-24 倉洞駅
1000系 初期型(旧塗装)

'92-5-24 龍山駅
1000系 中期型(旧塗装)

'01-3-25 龍山駅
1000系 初期型(新塗装)




'01-7-24 二村 5000系


 '74年の電化開業時に日本から導入された1000系
 も、ソウルへの人口集中と共に電化区間拡大、車両
 増備、国産化が図られ、800両を越えるに至った。
 国鉄の103系をスカ色にして交直電車化した様な、
 何となく懐かしい車両であったが、近年は緑をメイン
 とした韓国国鉄”Ko-Rail”標準色に塗り替えられて
 しまった。

 ソウル地下鉄1号線と相互直通運転を実施しており、
 その他、ソウル市内全線は地下鉄各線を含めて共
 通運賃であり、同一切符で乗り換えが可能である。
 判り易い案内表示、駅名表示と相まって、撮影には
 便利である。
 最近では、ステンレス車体の5000系VVVF車も導入
 されている。