台湾国鉄の電気機関車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/tra11.htm

html/tra12.htm

html/tra13.htm

html/tra14.htm

'01-12-25 樹林
復興号牽引 E200形 215

'01-12-28 山佳
貨物牽引 E300形 338

'01-12-28 桃園
呂光号牽引 E300形 302

'01-12-27 松山
自強号 E1000形 1045

 


'01-12-27 五堵
呂光号牽引 E200形 220

 
 台湾の西海岸に沿って基隆〜台北〜高雄を結ぶ台湾鉄路管理局
 (TRA)の西部幹線は、全線が交流25kV電化され、優等列車が20
 〜30分おきに走るメガロポリス路線である。

 特急に相当する自強号には速度130km/hを誇るE1000系プッシュ
 プル編成(両先頭車がVVVF方式の機関車列車)の増備が続き、
 急行に相当する呂光号(呂は正確には草冠に呂の字)や準急に
 相当する復興号にはEL牽引の客車列車が投入されている。

 ELには、スマートな半流線型の米国製客貨両用機関車であるE
 200形、E300形が、主として運用されていた。
 台北駅周辺の市内中心部は地下化されており、上記EL列車以外
 に通勤電車や貨物列車、また非電化区間から直通するDC、DL
 列車が地下駅に頻繁に乗り入れて来る様は壮観である。

   (電車については ”台湾国鉄の電車” をご覧下さい)