中国鉄道部・SS1型電気機関車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/cnrel31.htm

html/cnrel32.htm

html/cnrel33.htm

html/cnrel34.htm

'03-11-5 豊台〜長辛店
254号機

'06-5-15 豊台〜長辛店
426号機

'04-6-17 豊台〜長辛店
196号機

'87-11 洛陽機務段
065号機

html/cnrel35.htm

html/cnrel36.htm

html/cnrel37.htm

html/cnrel38.htm

'08-7-11 株洲〜七斗冲
799号機

'08-5-27 株洲〜七斗冲
804号機

'07-7-28 株洲〜七斗冲
795号機

'88-3 洛陽付近
657号機




'02-6-7 西安東 208号機

 
 韶山1型(SS1型)電気機関車は、'68年に誕生した
 中国最初の国産量産ELである。
 水銀整流器式国産ELの6Y1型を基本とし、'68年に
 低圧タップ制御のシリコン整流器方式に大改良した008
 号機を量産時にSS1型に改称して、'88年まで819両
 (初期の6Y1型を含まず)が製作された。
 
 韶山型は、製作場所である湖南省の株洲電気機関
 車工場近くの毛沢東の生地「Shao Shan」から名付け
 られたもので、近年にインバータ方式ELが登場するまで
 の全ての直流電動機方式の国産機に引き継がれた。

 初期の車両の車番は漢字で「韶山」と彫られており
 クラシカルな雰囲気を多分に漂わせていたが、近年では
 急速にその勢力を狭め、都会で出会う事は珍しい。